半日単位で与えてよいか of 年次有給休暇のポイント

年次有給休暇をもっと理解するためのサイト「年次有給休暇のポイント」

半日単位で与えてよいか

 労働者が年次有給休暇を半日だけ与えてほしいと申し出てきた場合、半日単位で付与しなければならないのでしょうか。

 これについては、必ずしも半日単位で与える義務はありませんが、半日単位で与えても問題はありません。
 ただし、半日単位で与える場合は、何時から何時までを半日とするのか、午前と午後で分けるのか、この半日をすぎた場合の取扱いはどうするかなどを、事前に就業規則に定めておいた方よいでしょう。

行政通達

 年次有給休暇の半日単位の付与について、行政通達では、次のように示されています。

 年次有給休暇の付与は1日単位が原則である。会社は半日単位で請求された場合に応じる義務はない。ただし、労使が合意の上で半日単位で付与することは差し支えない。(昭63.3.14基発150号)

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録


無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「年次有給休暇のポイント」のメニュー